読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リアル将棋練習会

将棋大会に向けて、女性メインなリアル将棋練習会に参加してます。

  • マナーが良くて安心して指せる
  • ちゃんと感想戦できる
  • 終わった後飲みに行ったりしておしゃべりするのが楽しい

ずっとネットで将棋を指してたので、リアルで指すのってこんなに楽しいんだ…と驚いてます。楽しくて2時間とかあっという間。

初回は緊張のあまり間違えて初手7六歩とやって「はっ!何指していいかわからない」となって、初手5六歩からやり直しさせて頂きました。すみません。今思うと石田流も一応勉強したのだし3手目7五歩すればよかったんだけれど既にさっぱり忘れてます。というか緊張のあまり思い出せなかったのです。

将棋の内容は基本的に序盤攻めこまれてボロボロになって終盤チャンスを狙うしかない展開です。特に、最近は相振りだったら後手番でも左穴熊にしているのですが、手を作るのが難しくて難しくて。後手番左穴熊対向かい飛車とか初めて指したけどキツい。基本的に飛車を浮く将棋は難しいです。飛車を浮かなくてもキツいけど。左穴熊は序盤囲うまではわりと同じように進んで見慣れた局面になるのですが、そのあと相手が銀桂繰り出してくる時にこちらから攻めるのが難しくて。
ちゃんと普通の相振りを覚えた方がいい気がするけど間に合うのかなぁ。戸辺先生曰く、初級者が中飛車で相振りやるなら、やっぱり相振り中飛車で攻めつぶす本 (最強将棋21)が良いそうです。うーんうーん。5筋突くのが相振りでよくある入城しない美濃と相性が悪くて玉のこびんラインをガンガン攻められるし。かといって入城すれば端攻めがあり。

相振りでも左穴熊でも、とにかく緊張しても忘れないくらいに指し慣れることが大事。うーん。