読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4月の成果

将棋

詰将棋を解けなくなってたのが回復。7手詰も解けるように。(でも毎日ちょっとしか解いてない…)

・アマチュア女王戦で豪華賞品をもらった。
次に個人戦に出るときは上級者の部に出ようと思いますが、3級に苦戦する棋力では厳しい…。上級者の部でも戦えるように、初段目指して頑張ろう〜。

・右四間/対右四間を少し覚えた。
本を読んでも全くピンと来なかったのが実戦をこなしていたら解ってきました。急戦は一手の価値が高い!

基本的な手順や狙い筋を知識として本から習得(この時点では理解できてない。すぐ忘れちゃう)→弱いCPUと早指しで繰り返し実戦(最初は駒組みだけ無理に意識して負けまくり。次第に戦い方がわかってくる)→人と対局して感想戦、その後も自分なりに考える(定跡どおりに進まないケースをじっくり検討すると定跡の意味がわかる。ソフトに正解を教えてもらうのと違って、自分で考えると「あ、そうか!」という瞬間がある)
というプロセスを経て、やっと定跡の意味がわかってきたような。これで初めて変化を覚えるステップに進める気がします。先は長い。

右四間を自分でやってみると、角道を止めた後に居飛車振り飛車か態度を保留する相手に対して困らないのが大きいです。先攻できるのも良い感じ。

・ネット将棋はウォーズ3局で全敗しただけ。強くなっているのかどうか不明
攻められても粘り強く受けること、不利でもアヤをつけて寄せをイメージすることを意識しているのが、最近大会で結果が出ている原動力だと思います。
でも強くなってるかは別。感想戦をしていると相手に比べて手が見えなさすぎてびっくりします。(対局中は感想戦より時間をかけているのでなんとか戦えてるだけで。)
実際に強くなってるか・弱くなってるかは24で指してみてレートが上がるか下がるか見てみないと。それによってやりかたを変える必要もあるかも。