ショウギナデシコ2017

この大会なにがすごいかというと、

  • ゲスト棋士が豪華(今回は島九段・中村太地六段)
  • ゲスト棋士が対局を見てまわって、積極的に感想戦に入ってくれる
  • プレゼントや賞品・参加賞がかわいい(優勝賞品は渡辺竜王チョイス・命名のぬいぐるみ。今回はカピバラのカピ太・カピ夫・カピ吉)

チームは3勝1敗、個人も3勝1敗。
ゴキゲン中飛車(対2四歩早仕掛け)◯
知らないと突いちゃいますよね▲2四歩。(知ってても忘れて突いちゃうこともあるわけで…)

△対先手中飛車(位を取らない先手中飛車VS後速7三銀)◯
初手5六歩なので角道あけずに後速7三銀っぽくしてみたけれど、この戦型ちゃんと勉強したことないので居飛車側の作戦を知らない…。反省。ゴキゲン中飛車の序盤の本は読んでますが、先手中飛車ゴキゲン中飛車の応用でなんとか、と思ってロクに勉強してないのです。
こう指されたら困る!という局面を相手が見逃してくれたのでなんとか。2枚換えで駒得とはいえ飛車を渡したので終盤2枚飛車で寄せられてたら怖いところでした。
太地先生が途中の局面を覚えていて「ここでどう指したんですか?」と尋ねられて「こう指しました」と言ったら「そう指すといいなと思ってました」と仰ったのが嬉しかったです。会場中を観て回ってるのに途中局面を覚えてるのが凄すぎる。

▲対ゴキゲン中飛車(銀対抗〜二枚銀急戦2九飛型)●
指す将順位戦ゴキゲン中飛車側を持って戦ったし相手も定跡を知っていて、序盤は定跡どおり猛スピードで飛ばします。振り飛車が△2二角と引くタイミングが遅れて居飛車が3筋に回れる展開になり有利になったものの、飛車を切ったあとに金駒を敵玉から離れたところに打つ手は指しづらく。細い攻めをつなげて寄せにいったものの時間切れ負け。

▲対四間飛車(3九玉型本美濃VS居飛穴)◯
△6五歩から角交換してノーガードで駒を取り合う展開に。

広告を非表示にする