読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界コンピュータ将棋選手権

前評判ぶっちぎりのPonanza Chainerを新星elmoが破る、しかもPonanzaの凄い攻めをじっくり受け切って入玉を確定させて安全勝ち。
リアルタイムですごい将棋を見るとワクワクしますね。人間同士の将棋でないと面白くない、ということはないのかも。ただ多くの人が同時に注目していてドラマがあって盛り上がりがある中なのでワクワクする、という要素はあるのかもしれません。

そして決勝の対局中にelmoが公開されるという…。

早速ウチでもやねうら王2017Early+elmo定跡・評価関数を導入してみました。(最近VMWare 上のWindowsが遅くて困っていたのですが、Windows Searchのindex対象を極力減らしたら改善されて、なんとか動いてます。)

プロ棋士も導入して気になる局面を検討してたりしそう。
ウチの貧弱な環境では居飛車党らしく、ゴキゲン中飛車の定跡形でも相当先手(居飛車)持ち…。

マチュアの将棋でもソフトの影響は強くて、ソフトの得意な形が有力な戦法として流行してます。特に相居飛車では次々に新しい戦い方が出てきます。相居飛車の定跡党とかすごく大変なのでは。
振り飛車党にとっては3手目▲2五歩党が増えたのでその対策が重要になっていると感じます。(プロレベルでも相居飛車の3手目▲2五歩が損でない、という認識が広まった上、アマチュアにとっては相手の戦法を絞れるメリットもあるので)