読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

指し納め@千駄ヶ谷

4連勝で、3連勝すれば昇級!と勢い込んだものの、◯●◯●◯という結果でした。。7勝2敗なのであと3連勝すれば、と一応まだ昇級の目は残ってるのですが。

◯(対3級。▲先手一手損角換わり▲棒銀△早繰り銀)横歩の出だしになったので手損で角を交換して角換わりに。序盤作戦勝ちから両取りで馬を作り優勢を拡大。反撃されて居玉でヒヤヒヤしつつも。
●(対2級香落ち。ゴキゲン中飛車)香落ちですが上手は居飛車に。超急戦を仕掛けられて拒否するも急戦への対応を誤っていいところなく攻められて負け。
◯(対4級。▲先手中飛車)捌き合ってから、相手の美濃崩し△4八銀で駒が入って即詰みが生じて勝ち。
●(対4級。▲先手一手損角換わり)横歩の出だしになったので手損で角を交換して角換わりにして棒銀したら全力で囲いに行って矢倉に組まれた上に△4二角と打たれて全力で棒銀を受けられて指し方がわからなくなるという。。

矢倉棒銀・角の応援がないバージョンみたいで、どうするのこれ、と思ったのですが、激指先生に聞いてみると自分もがっちり矢倉に囲って1局(先手十分)との局面なんですね。
ここでこちらは指し手の指針がわからなくなってゴチャゴチャやってる間に相手はきっちり矢倉崩しをしてきて完敗。この負けは本当にガックリきました。
(指したあとに飲みにいっても、痛い負けを喫するとぐるぐる考えてしまいます。。
激指先生によると、銀を立て直さなくても、自陣を固めて駒組みしてれば相手が銀を上がった瞬間、△6二銀なら▲5二角、△7二銀なら▲7一角が生じるとのこと。)
◯(対5級。△ゴキゲン中飛車?)角交換からお互い居玉で攻め合う超急戦のような展開に。最初こちらが良かったけれど手抜いて攻めたら逆転され、正しく指されたら負けてるところでした。

矢倉はやらないからいいやー、なんてことはなく相居飛車をやるなら 光速の寄せ 矢倉編 (将棋連盟文庫) に取り組まないといけないことがわかりました。うう。
ゴキゲン中飛車、急戦の対応をちゃんと覚えないと。さすがにもう左辺ボロボロでも中央でなんとか、という雑な作戦は通用しないみたいです。うーんうーん。