読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中飛車左穴熊のコツ

将棋

後手で2手目△8四歩でなく△3四歩を指すと避けられないのが石田流。。
というわけで、対石田流には△中飛車穴熊を、先手番では自分でも石田流を指す方に、中飛車穴熊のコツを教わってきました。

ポイント:
穴熊らしく、囲ったあとに捌けるチャンスがあればガンガン捌く(自陣は駒が偏ってるので捌き合いは怖く感じるけど、捌かないと活路がない)
・本美濃は小駒を拾って上から攻める(お互い横から攻めると美濃が堅くて攻め合い負けがち)
・馬が出来たらなるべく中央で使う。一旦自陣に引きつける手は攻防に利いて価値が高い

…居飛穴を指すときにも応用が利きそうな指針ですね。
穴熊は居飛穴に比べるとお互い陣形が低くて争点が少ないのが指しづらさを感じる原因だと思います。てきとーに歩をぶつけて手を作っていくのが通用しないので。「桂香で上から」と考え方を変えるのは良さそうです。
中飛車穴熊は勝ちやすい、ドル箱戦法」とのことなので精進したいです。

あとは△4二玉に角道止めてくれない系や後手早石田などの対策を、本を読んでちゃんと覚えないとなあ。。