読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

曲がり角

将棋

とりあえず弱いコンピュータ相手には相矢倉で苦戦しなくなってきました。
しかしその分、というのでしょうか、なんだか中飛車がうまく指せなくなってるような。
中飛車と居飛穴を両方指すのはあまり難しく感じないですが、矢倉と中飛車を両方指すというのは難しいのかも。感覚の違いも大きいし、序盤同じ出だしから分岐するので指す機会がパキッとなくなってしまうし。

というわけで、ちょこっと矢倉の世界へ寄り道してみたものの、先へ進むかどうか悩んでいます。

藤森流急戦矢倉 (マイナビ将棋BOOKS)

藤森流急戦矢倉 (マイナビ将棋BOOKS)

棋書ラーとして、矢倉は楽しそうな本がたくさんあるのが魅力。中川八段の本もそうですが、急戦矢倉の本はどうしてこんなに気合がこもっているんでしょうか。
自分の場合、矢倉は本を読んでるだけで楽しいのだけど、指して強くならないのが困ったところ。
プロの世界でも日進月歩で多様な作戦の入り交じる矢倉の世界、アマ級位者どうしでは余計に見慣れない局面ばかりになるので、時間を使わず手が見える必要があって自分に向いてなさそう。。