読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

角交換四間対策

将棋

わかっていたことではありますが、居飛車党はやること多くて大変。

対先手中飛車・対ゴキゲン中飛車は自分がやられる筋を応用して適当に。
対ノーマル三間・四間・中飛車は居飛穴。
対石田流には中飛車穴熊

ここまでは勉強したものの、意外と多いのが角交換四間。リアルではノーマル振り飛車の次を中飛車と争うくらいの人気っぷり。前回の社団戦でも遭遇しました。
今まで自分で角筋止めて居飛穴目指してましたが、速攻仕掛けられてボロボロになることが多いです。そこから凌いで終盤一発入れることができるかどうかという勝負ばかり。
ちゃんと対策覚えようと思って少し本を読んでみたところ・・・なんでしょうこの難しい戦法。知らないと指せない角打ちが頻出して無理。(そっか、ゴキゲン中飛車は角道開けっぱなしにする戦法とはいえ、実際には角交換になる確率が低いから初級者でも指せるのか〜。)石田流対策とか、角交換四間対策とか、まともにやると居飛車側って難しすぎませんか。そしてその戦法に遭遇しなければ対策忘れちゃいそうだし。

激指先生によると、自分で角道止めてもそこまで不利になるわけでなく、速攻でやられるのは自分がヘタだから。速攻への対応は対ノーマル四間でも似たような筋なので一緒に研究しよう。自陣の形にこだわらずに戦うのが大事そう。