読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋で元気

「疲れてるから将棋なんか行かないでウチで寝よう…」
と思ったものの、金井六段に癒されに行こう!と行ってきましたレディースセミナー。
四枚落ち卒業試験となりました。序盤定跡どおりに進めるも中盤角を殺されピンチに。
受けが難しい局面で、受けに自信がないから、受けに回るよりは詰まそうと攻めに出る展開に。(またこんなことをやってます。反省がないのか自分。っていうか、中盤がヘタでにっちもさっちもいかない局面になっちゃうんだよなあ…。)
追っていっても打歩詰で詰まない…orzとガックリしたものの「詰みがありますよ」とヒントが。駒をタダ捨てして打歩詰を回避する手順が出現して感動しました。
(実際、家に帰ってから激指先生にみてもらうと、読み抜けがあって詰まない(上手の攻め駒を取れて自陣の詰めろは一瞬外れるけど不利)のが判明。。プロは将棋の強さも凄いけど、それ以上に指導の加減具合というか局面作りが絶妙なんだよなぁ。)

金井六段の指導対局で元気になって、行くつもりのなかった道場へ。
負けましたがとても面白い将棋になって良かったです。
香落ち下手で、上手が中飛車だったので居飛車急戦を指したのですが、自分が上手のとき下手が端を攻める手は遅い印象しかないので、平手と思って指しました。ただ香が拾えないぶん不利なだけになるので、なにか香落ち下手のときの作戦を考えたほうがいいような気がします。端の利点を活かすなら相振りにすれば相手から端攻めがしづらくなって良さそうですが、相振り好きじゃないからなぁ。

来週は社団戦なのです。。7人一組なんて、誘ってくれる方がいない限り出る機会はないだろうと思い、せっかくなので出てみることにしました。楽しみです。
4級ではとても勝てる相手がいないと思いますが、少しでもいい勝負になるように頑張ろう〜。