読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

団体戦前

団体戦の前、いろいろあって将棋はほとんどできず。。

前日道場に行って2局指しました。相手は両方3級。
1局目:×(▲居飛車穴熊 VS △四間飛車)相手の玉頭銀に翻弄されるものの大崩れせずに盛り返し、終盤相手玉を追うも詰みがなくて入玉されてしまって投了。即詰みがなくても上部を縛っておけば勝ちだったのに、と感想戦で教わり、それが大会で活きました。

2局目:◯(▲居飛車 VS △ゴキゲン中飛車
ゴキゲン中飛車
▲7六歩△3四歩▲2六歩△5四歩▲2五歩△5二飛
の良くある局面で「ん?歩交換できるんじゃ?」と▲2四歩を突いてしまい、
▲2四歩△同歩▲同飛△8八角成▲同銀△3三角▲2八飛△2六歩▲7七銀△2二飛
と飛車先大逆襲される展開に。この局面が先手相当不利なので歩交換は成立しない、というのがゴキゲン中飛車の基本原理なんだけど、まさかすっかり忘れてるとは〜。頭を抱えました。
このあと龍を作られるものの飛車は取らせず耐え凌いで、角桂の細い攻めで駒を取っては自陣に打つようなことをして逆転勝ち。

3級に勝つという目標は一応達成したといえばしたのですが、すっきりしません。それより主力戦法の基本を忘れてるというショックが大きくて。