読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かしまし娘。団体戦

すべて自分が振り駒して先手になりました。
先手になって▲7六歩△3四歩なら▲2六歩と決めているので、3局とも居飛車に。そして、まさかの相居飛車2局になりました。(いちおう自分は中飛車党だと思っているのですが。。)

1局目:◯(右四間 VS 居飛車)相手が角道を止めて飛車を振らなかったので右四間に。こちらが桂を跳ねて角に当てたときに相手が角を引く場所を間違えたので一方的な展開になって勝ち。
チームとしては3-0で勝ち。

2局目:◯(一手損角換わり。棒銀 VS 早繰り銀)▲7六歩△3四歩から、相手が居飛車党らしいということは知っていたので▲6六歩から四間飛車にするのも考えたけれど、やったことないことをやるのも、と思って▲2六歩に。そして次が△8八角成!
これでいつもの陽動ノーマル四間飛車が封じられてしまい、角換わりをやるしかなくなってしまいました。一手損角換わりは避けようがないけどまずありえなくて
中飛車党から対抗形党へ - ぺんぎん草 の戦型リストから消そうかと思ったくらい、今までその進行になったこともなかったのに、まさか大会で発生するとは。
序盤どうするものなのかわからないまま、とりあえず棒銀。普通に△2二銀と引いて受けられて、銀を引いて立て直している間に、相手は飛車銀桂で攻めてきてどうしよう、という状態に。ずっと苦しかったけれど運良く終盤逆転して勝つことができました。
昨日道場で三級の子に感想戦で教わった、なにも紐が付いてないところにでも相手玉の上部に待ち駒を打って縛る手筋が役に立ちました。

全く経験のない相居飛車で、しかも格上に勝ててビックリ。とはいえ中盤ずっと悪かったし、今回はたまたま運が良かっただけな気がします。こちらが定跡を全く知らないぶん、相手も対応に困ったかも。

チームとしては1-2で負け。

3局目:×(居飛車穴熊 VS ゴキゲン中飛車)対ゴキゲン中飛車。銀バサミで銀得してから押さえ込んで優勢を築いたものの、まさかの時間切れ負け。
チームとしては1-2で負け。。。

これでチームとしては3局目で2敗となって、ここまでとなりました。
あー、時間切れがなければ4局目に進めたのに〜。