読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4級に昇級@千駄ヶ谷

最近将棋どころでない日々で、詰将棋も解けなくなってたまに3手詰を解いてるくらい。その3手詰もボロボロ誤答が出て頭を抱えたりしてます。
それでも時間制限のない将棋を指したくなって道場へ。(大会で時間切れ負けしまくったのが手痛かったのか、それ以降ネット将棋もしてなかったりします。。)

1局目(対4級):▲居飛車左美濃 VS △ゴキゲン中飛車
対ゴキ中は珍しいので、居飛車を持つと定跡を思い出せないまま漫然と指しているうちに超速が出来る局面を通りすぎてしまいます。それで角道を止めて一直線穴熊を目指そうと思ったもののゴキ中側が囲いもそこそこに左銀を繰り出して攻めてきたので囲いは左美濃(高美濃)にして応戦。飛車を成り込んで駒得して優勢に進めたものの、相手は美濃に組んでないので美濃崩しが効かず、相手の角のラインが微妙にこちらの攻めの邪魔になって速い攻めができず。。もたもたしてる間に相手に飛車の成り込みを許すといきなり必殺級の美濃崩しを食らい、駒得を吐き出して必死の防戦。攻防が何度も入れ替わる印象深い将棋になりました。対局中、何度も負けを意識しました。ああ大変だった。自分の攻めが遅いのを猛省。。

2局目(対4級):▲四間飛車(▲2六歩から陽動) VS△居飛車急戦 ◯
陽動がハマり、相手が自陣の組み直しに手こずる間に体勢を整える展開に。

ここで7.5連勝かつ10.5勝1敗となり、4級に昇級しました。
認定時に比べて強くなったとか上達したという気はあまりしないので(汗)、認定が辛めだったということなんでしょう。道場側からすると「甘めに認定してみたら実際全然勝てなくて、困って道場に来なくなってしまう」という事態を避けたいので、最初は辛めに認定して上がってもらう方が良いらしいですし。

昇級すると、手合が変わるのが一番の変化。角落ちだった2級が香落ちになるのかなぁ。。

3局目(対6級・香落ち上手):▲先手中飛車 VS△居飛車急戦 ◯
初の香落ち。しかも上手。香落ちの上手は玉を右に囲いたいから飛車を振りたいのですね。振り飛車やってて良かったと思いました。でも、もし相手が振り飛車だったら相振りを指さなきゃいけないってことなのか。うーん。