読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10月の成果

将棋
  • 24は9勝9敗1分けでR300前後を行ったり来たり、将棋ウォーズは殆ど指さず2勝4敗。実戦自体は減りました。
  • ショウギナデシコ2015で団体戦に初参加、そして道場デビュー。頑張りました。
  • 新宿のレディースセミナーに通い始めました。月2回だけですが。ビギナーズセミナーも何度か参加。4枚落ちで今まで三間飛車でしたが棒銀を指すように。
  • 詰将棋は5手詰5問くらいしかやらない日が多く、量が減りました。反省。タカミチ先生の「持ち駒のない詰将棋5手」を解いてます。最初難しい、と思ったけれど慣れると簡単。タカミチ先生の癖(角桂の利きを活かした問題が多い)と、(持ち駒がない分)駒を取る手を考えるようにすると、わりと実戦的な普通の手の積み重ねで解ける問題が多いので。
  • 3手ハンド逆向きは1冊終わりました。3倍くらい時間がかかる感じ。逆向きでも答え覚えてる問題も多いんですが。
  • 寄せの手筋200 (最強将棋レクチャーブックス)光速の寄せ 振り飛車編 (将棋連盟文庫)の復習はほとんどやらず。
  • 棋神・武市先生の終盤が強くなる 1手・3手必至 (マイナビ将棋文庫)の1手必至パート1をやりましたが正答率低っ。
  • 勝つための“受け”―積極果敢な「受けの達人」になろう! (森内優駿流棋本ブックス)、全部は読めてません。1,2章(基礎知識、手筋)と4章の初級編まで。突き違いの歩がぱっと見えるようになりたいなぁ。本としては、内容は良いのに図面がとにかく見づらいのが残念。