読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中飛車党から居飛車党へ

24でR300程度、中飛車と対ノーマル四間(持久戦)だけそこそこ指せる人が、居飛車党というより相振りを指さない対抗形党になろうと思った場合の序盤作戦を考えてみました。ゆくゆくは振り飛車党から居飛車党に転向したい場合でも、まずはこの戦法選択で対抗形をマスターしてから居飛車率を上げていくというのはどうでしょうか。

先手の場合:

初手 2手目 3手目 4手目 法名
▲7六歩 △8四歩 ▲5六歩 先手中飛車
▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △8四歩 先手一手損角換わり(本来は横歩取りの進行)
▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △4四歩 対ノーマル振り飛車・対ウソ矢倉
▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △5四歩 ゴキゲン中飛車
▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △4二飛 対角交換四間
▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △8八角 後手一手損角換わり

後手の場合:

初手 2手目 3手目 4手目 法名
▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △5四歩 ゴキゲン中飛車
▲7六歩 △3四歩 ▲6六歩 対ノーマル振り飛車・対ウソ矢倉
▲7六歩 △3四歩 ▲7五歩 対石田流
▲7六歩 △3四歩 ▲6八飛 対角交換四間
▲2六歩 △3四歩 ▲2五歩 △3三角 ノーマル向かい飛車
▲2六歩 △3四歩 ▲7六歩 △5四歩 ゴキゲン中飛車
▲5六歩 対先手中飛車

(奇襲や出現率の低い戦法は除いてます。他にも序盤の指し手はいろいろなので完全に網羅できるわけではありませんが。)

さらに言ってしまうと、角換わりは後回しでもなんとかなりそう。

▲7六歩に△3四歩とする居飛車党は、後手なら矢倉より横歩を指したい、研究熱心なガチ居飛車党。R300付近では矢倉を選ぶ人の方が多そう。むしろ24ならウソ矢倉対策が必要そう。

また、女性の級位者大会ではもともと振り飛車党が多いです。居飛車党で、しかも矢倉より横歩を選ぶような人は稀。記憶力に自信があって、ねじり合いより研究で決着をつけたい人はいそうな気がします(アップ・セット・ボーイズのヒロイン北川さんとか)が、そんな人はサッサと上級〜有段になってそう。

アップ・セット・ボーイズ(上): 明日葉高校将棋物語 (ちくま文庫 や 45-1)

アップ・セット・ボーイズ(上): 明日葉高校将棋物語 (ちくま文庫 や 45-1)

ということで、角換わりは出現率が低いと見て捨ててしまえば、相振りを指さない対抗形党になることは可能な気がします。大会だったらウソ矢倉対策も捨てる手もあるかも。ギャンブルだけど。
24だったら対抗形の他に急戦矢倉から何か1つをある程度指せるようになってから臨めば、レート戦でやっても大して影響なさそう(一つの戦型で勝率0%でも、出現率が低ければレートに影響ないので)。それにレートと相居飛車の出現率が比例すると思われるので、無理なく角換わりを学べそう。

自分がこうやるとしたら、、

  • 中飛車居飛車側を持つのが苦手なのが最大の障壁。定跡の復習を兼ねて頑張れるといいな
  • とにかく石田流対策。居飛車にこだわらず対策を。相振りでも、中飛車で相振りを戦うよりマシなはず。
  • 対四間は見よう見まねで指してるだけなので、できれば何か本を読む。
  • 3手目▲2五歩対策で、△ノーマル向かい飛車が指せると便利。今もその進行になるとテキトーに指してるので、ちょろっとでも本を読んでおくと良さそう。
  • とりあえず角交換四間には角道を止めてノーマル四間持久戦に合流するのを目指す。
  • 当面、角換わりには手をつけない。もし角換わりになったら教わる気持ちで指す。

中飛車党としては急戦矢倉で矢倉中飛車を選び(ウソ矢倉に通用するのかな?7七銀を先に上がる矢倉相手の戦法というイメージなんだけど)、石田流対策として後手中飛車左穴熊を選ぶと方針一貫して良さげ?戸辺先生の相振り指しこなチェックして、左穴熊側も戦えそうならそれもありかな。
結局、いま課題になってることをそのまま頑張れば、こういう方向になりそうです。頑張ろう〜。