読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の敗局…離れ駒を作らない

休日はまとめて対局して、1局ごとに自分で簡単に振り返りはするものの、激指先生と検討するのは後でまとめてやってました。
今日はそれを変えて1局ごとに激指先生と見直すようにしたので対局が減りました。しかし4戦全敗。一時はR200前後は楽勝で落ちる気がしないと思ってたのですが。その頃は中飛車指しまくって先手中飛車での対急戦にはそれなりの自信を持って指せていたので、石田流を手探りで指してる今とは全然違うし、仕方ないかな。当時も後手番のゴキゲン中飛車は勝率悪かったし…。
駒得してもなかなか攻める手が見えないし、捌いて駒交換しても、相手の駒は急所に打たれるけど自分の駒は駒台ばかり賑やかになりがち。定跡のない局面での手の見え方からするとR200未満でも相応な気がします。

陣形から飛車交換すればこちらが有利、と▲8六歩から飛車交換しにいったものの、△6五歩を同歩と取って角交換されて一気に8筋制圧されて飛成が防げなくなったところ。(そもそも仕掛けるなら先に5八金右して本美濃完成させておけ>自分。角交換になって▲7八金と上がった方がよくなるのでは、と思っていたので保留していたのですが、それなら先に上がっておいてから仕掛ければ良かった)
「オワタ…」と思ったのですが、激指先生曰く「龍を作られたって駒を取られなきゃ互角」。▲8八歩△8七歩成▲同歩△同飛成▲7八金と玉から離れたところだけどスクラムがっちり固めて駒をボロボロ取られないように守ればまだ戦えるよ!とのこと。


ゴキゲン中飛車での敗局。駒得したものの成駒に働かれ、取った駒はどこに打ったらいいか思いつかず。(もう、ほんとこんなことばかり…)負けまくって悲しくなっていたのですが、相手の方が丁寧に感想戦をして下さって一気に温かい気持ちになりました。指摘があったのがここで飛車を逃げる場所。自分は△5五に逃げたのですが△5四の方が良かったとのこと。両取りになるだけでなく、筋(足して偶数になる地点)に角を打たれると終盤まで働かれがちだし。