読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

12級に初勝利

将棋

格上に挑戦されたら、基本的には受けるようにしています。いい手を教われるし万一勝てたら得、負けてもレートはあまり減らないし。ただ、あまりにレート差が大きい相手は「気持良く格下をボコりたい」という気持ちが透けて見えていい気がしないので断ってます。
自分が後手。先手が飛車先突いて5筋も突いてきたので中飛車にしづらくて向かい飛車になったものの、いつの間にか飛車が5筋に。

激指先生いわく、ここで△6六角!と切って、▲同歩なら金を取るよ、という手があるとのこと。

飛車を手に入れたけど打ち込む隙がない、どうしよう、と悩んだ局面。激指先生の推奨手は△5五桂なんですが次善手の△6七歩が気に入りました。同金と取ってくれれば飛車を打ち込めるし、取らなければ貴重な拠点が出来るし。自分は△2八歩と打ったのですが、控えて△2七歩の方がよかったとのこと。

念願の飛車打ち。ここで合駒していればまだ長かったところ、▲6八玉と逃げて頓死。対12級初勝利となりました。