読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015年の将棋を振り返って

ずっとひとりネットと本でコツコツ将棋をやっていたところから、将棋友達ができたり、大会に参加したり、練習会に参加させていただいたり、道場に行ったり、世界が急に広がった1年でした。
これも将棋イベントでドキドキしながら隣の人に声をかけたところから全て始まったわけで、感慨深いものがあります。
将棋の上達以上に、本当に良いことだったと思います。
世界を広げたいなら勇気を持って踏み出さないと何も始まらないんだなぁ。

さて将棋の上達の方。24でのレートはR400越えを1回達成したもののR400割って指し納めです。
レートが上がったからといって強くなってるかというと疑問が。苦手な相振りを止めて、かわりに得意な対四間飛車(居飛車穴熊)を指すようにしたので、上達してなくてもレートは上がって当然なんですよね。
詰将棋力は上がってるのを実感します。5手詰を解くのが目に見えて速くなり、ビギナーズセミナーでもついに7手詰を出題されるようになりました。実戦の詰みも以前よりは見えてると思います(…見落としは相変わらずあるけど)。
しかしそれ以外、序盤&中盤はあまり上達してないような気がします。
来年頑張ろう。