読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の敗局_対4筋速攻

自分が後手番。
居飛穴を目指すのに対して、先手の四間飛車側が4筋から速攻を仕掛けて▲4八飛と回ってきた局面。

激指先生によれば、ここは△4二飛と飛車をぶつけるのが正解とのこと。
▲4五歩には△4三金と引いて、▲3三角成には△同金で後手十分。
先手振り飛車が▲7五角から5三の銀を狙っても、▲4三飛でも▲5二飛でも銀を守ればOK。
▲5三角成△同飛▲4四銀と、4五の歩をベースに銀を打ち込んで飛車金両取りを掛けてきたら、手抜いて強く△5五歩と攻め合えば速度勝ち。△5一飛と引いて金を取らせても後手十分ということだけれど、こっちの方は受け続けないといけないので難しいかも。

中飛車でもこうやって飛車を回って攻める手がありますが、居飛車が飛車で受けなきゃいけない展開にはあまりならない気がします。微妙な形の違い、先手後手の違いか、潜るのが速すぎたのか。うーんうーん。あ、対中飛車なら△5三銀がいらないからか。
そっか、対中飛車だと中央を受ける自然な手が飛車を玉頭方向に回られた時にも役に立つものの、対四間だと飛車先をわざわざ受けるための手が、飛車を回られると無駄になるので飛車まで参加せざるを得ない、という違いがあるのか。飛車の移動距離が大きい「ゆさぶり」に対応するには飛車、と。