読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Macで将棋倶楽部24の棋譜をコピーできるように

将棋

相手の短手数投了を除くと6連敗中…15級に落ちました。戦形は相振りが多いです。とにかく攻め方がよくわからないので常に相手が先に仕掛けてくる展開に。駒得し形勢+2000近くまで行ってもそこから寄せる手が見えず、逆に桂を起点に寄せられて受け損ねて逆転されます。自分が桂を跳ねる手は目標にされて駒損するだけに見えるのでなかなか指せないんだけど。
相振りは指してみると乱戦になりづらいのが嬉しいです。じりじりと駒組みを進めるところや毎度同じような展開になりやすいところが(急戦以外の)矢倉に似てます。矢倉と同じように駒損してても攻めが切れなければOKで、形勢判断が難しいんだろうなあ。。

さてMacだとSafari上で将棋倶楽部24が動くものの、棋譜がコピーできません。JavaAppletのセキュリティ設定による影響です。Windowsだと大丈夫なのになんででしょうね。
とりあえずコピーできるようにする設定方法を書いておきます。(参考にしたページ

(1)Javaのセキュリティ設定ツールを起動
システム/ライブラリ/Frameworks/JavaVM.framework/Versions/Current/Commands/policytool
(ターミナルで
/System/Library/Frameworks/JavaVM.framework/Versions/Current/Commands/policytool
と打ち込めば一発で起動します)
(2)「ポリシーエントリーの追加」
CodeBaseに以下を入力
http://internet2.shogidojo.net/dojo/-
※最後のハイフンを忘れずに。

(3)「アクセス権の追加」ボタンを押して、以下を入力
アクセス権:java.awt.AWTPermission
ターゲット名:accessClipboard

※画像はスペルミスしてます。。accessClipboradでなくaccessClipboardが正しいです。
(4)「了解」ボタンを押すとポリシーエントリーの画面に戻るので、「完了」ボタンを押す。

(5)また(2)「ポリシーエントリーの追加」から繰り返す。今度はCodeBaseに以下を入力
http://internet2.shogidojo.net/dj2/-
※こっちは棋譜検索用。最初の方が指す画面用です。

画像は保存後に開いたところなのでポリシーファイルのパスが表示されてますが、新規作成時は空になってます。
(6)ポリシーファイルをユーザのホームディレクトリの直下に「.java.policy」というファイル名で保存。
(先頭にドットのつくファイルを保存しようとすると警告メッセージが出ますが無視して進めます。)
ユーザ名がfooなら/Users/foo/.java.policyというファイルとして保存します。
…といってもMacのファイル操作がよくわからないので、書類フォルダに保存してからターミナルで
mv /Users/foo/Documents/.java.policy /Users/foo/
としてファイルを移動させました。

仮想Windows7環境でブラウザを起動して将棋倶楽部24をやればこんな手間は不要ですが、必要な人がいるかもしれないのでメモ。