読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電子書籍の使い方

洋書については、以前から紙の本と電子書籍があったら電子書籍の方を買ってました。通常は印刷できるので、紙だったら分厚くて大きくて持ち歩きにくい本を、ガンガン印刷して一部を持ち歩く、という使い方が出来てよかったんですよね〜。
「全然エコじゃない」とか「電子書籍のメリットは?」とか突っ込まれそうな使い方ですが、これだと読み終わった紙は処分できて、読み返したり、後から検索したりといった時のために保存しておくにも場所を取らなくて良いです。
(あ、でも昔の洋書は過渡期だけあって認証方式が同じpdfでもさまざまで、久しぶりに読もうとしたら認証で弾かれて読めなかったのが1冊あって凹みました…)

このような使い方をするには、紙の本を買って裁断してスキャンして、裁断した紙束を持ち歩いて読んで、読み終わったら紙束を廃棄、というのがいいのかなあ。