読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

指し納め@千駄ヶ谷

4連勝で、3連勝すれば昇級!と勢い込んだものの、◯●◯●◯という結果でした。。7勝2敗なのであと3連勝すれば、と一応まだ昇級の目は残ってるのですが。

◯(対3級。▲先手一手損角換わり▲棒銀△早繰り銀)横歩の出だしになったので手損で角を交換して角換わりに。序盤作戦勝ちから両取りで馬を作り優勢を拡大。反撃されて居玉でヒヤヒヤしつつも。
●(対2級香落ち。ゴキゲン中飛車)香落ちですが上手は居飛車に。超急戦を仕掛けられて拒否するも急戦への対応を誤っていいところなく攻められて負け。
◯(対4級。▲先手中飛車)捌き合ってから、相手の美濃崩し△4八銀で駒が入って即詰みが生じて勝ち。
●(対4級。▲先手一手損角換わり)横歩の出だしになったので手損で角を交換して角換わりにして棒銀したら全力で囲いに行って矢倉に組まれた上に△4二角と打たれて全力で棒銀を受けられて指し方がわからなくなるという。。

矢倉棒銀・角の応援がないバージョンみたいで、どうするのこれ、と思ったのですが、激指先生に聞いてみると自分もがっちり矢倉に囲って1局(先手十分)との局面なんですね。
ここでこちらは指し手の指針がわからなくなってゴチャゴチャやってる間に相手はきっちり矢倉崩しをしてきて完敗。この負けは本当にガックリきました。
(指したあとに飲みにいっても、痛い負けを喫するとぐるぐる考えてしまいます。。
激指先生によると、銀を立て直さなくても、自陣を固めて駒組みしてれば相手が銀を上がった瞬間、△6二銀なら▲5二角、△7二銀なら▲7一角が生じるとのこと。)
◯(対5級。△ゴキゲン中飛車?)角交換からお互い居玉で攻め合う超急戦のような展開に。最初こちらが良かったけれど手抜いて攻めたら逆転され、正しく指されたら負けてるところでした。

矢倉はやらないからいいやー、なんてことはなく相居飛車をやるなら 光速の寄せ 矢倉編 (将棋連盟文庫) に取り組まないといけないことがわかりました。うう。
ゴキゲン中飛車、急戦の対応をちゃんと覚えないと。さすがにもう左辺ボロボロでも中央でなんとか、という雑な作戦は通用しないみたいです。うーんうーん。

中飛車左穴熊のコツ

後手で2手目△8四歩でなく△3四歩を指すと避けられないのが石田流。。
というわけで、対石田流には△中飛車穴熊を、先手番では自分でも石田流を指す方に、中飛車穴熊のコツを教わってきました。

ポイント:
穴熊らしく、囲ったあとに捌けるチャンスがあればガンガン捌く(自陣は駒が偏ってるので捌き合いは怖く感じるけど、捌かないと活路がない)
・本美濃は小駒を拾って上から攻める(お互い横から攻めると美濃が堅くて攻め合い負けがち)
・馬が出来たらなるべく中央で使う。一旦自陣に引きつける手は攻防に利いて価値が高い

…居飛穴を指すときにも応用が利きそうな指針ですね。
穴熊は居飛穴に比べるとお互い陣形が低くて争点が少ないのが指しづらさを感じる原因だと思います。てきとーに歩をぶつけて手を作っていくのが通用しないので。「桂香で上から」と考え方を変えるのは良さそうです。
中飛車穴熊は勝ちやすい、ドル箱戦法」とのことなので精進したいです。

あとは△4二玉に角道止めてくれない系や後手早石田などの対策を、本を読んでちゃんと覚えないとなあ。。

元に戻る

急戦矢倉の本(藤森流急戦矢倉 (マイナビ将棋BOOKS))をちらっと見て、あまりの玉の薄さと後手優勢とされる局面のわからなさに驚愕。。
曲がり角に立って自分の特性を考えてみると、

・対局機会が少ない
  →経験値不足を補うため、とにかく実戦が定跡形に進みやすい戦法を選ぶ
   →対抗形、特にノーマル振り飛車。次点で角交換四間や中飛車。相居飛車では、攻めの速さによって相手の形を限定させる(棒銀・右四間とか奇襲速攻系とか)
・終盤読めない・凌ぎや受けが苦手
  →自玉への攻めの速度が読みやすい玉形(穴熊・美濃)を採ることで読みの負担を減らす

…というわけで、以前考えた戦法選択( 中飛車党から居飛車党へ - ぺんぎん草 )はかなり妥当な気が。

対抗形で主力の振り飛車に何を選ぶかという点では、中飛車より四間飛車の方が良いような気もします。知識量で戦う方向で頑張るなら、定跡が安定しているし、先後の差が中飛車ほど大きくないので。
そして四間飛車党は最大勢力なので、四間飛車をやれば四間と対四間(居飛車側)だけで70%以上をカバーできそう。▲2六歩を突いても陽動四間飛車は可能ですし、急戦が出来れば端歩をついて様子見することも可能なので、頑張れば四間飛車率は80%近くまであげられるのでは。好みや棋風の問題もあるでしょうが。自分にとっては中飛車の方が指し慣れているので当面は中飛車を続けるつもりですが、四間飛車に転向するのもありかも。

矢倉や後手で△8四歩は諦めて、元の路線に戻ることにします。ただ角換わりや居飛車の終盤問題(矢倉崩し)は、以前はスキップしていたけれど取り組んでいこうと思います。

逆に言えば、ガンガン対局できるようになって、終盤の凌ぎが上手くなれば居飛車党を目指せるということなので、その方向も頑張ろう〜。

しばらく対抗形をほとんど指してなかったのでヘタになったり忘れたりして弱くなってます。今後、矢倉や角換わりを学んだことが役に立ってパワーアップできるといいなあと思うのですが、どうでしょうか。

曲がり角

とりあえず弱いコンピュータ相手には相矢倉で苦戦しなくなってきました。
しかしその分、というのでしょうか、なんだか中飛車がうまく指せなくなってるような。
中飛車と居飛穴を両方指すのはあまり難しく感じないですが、矢倉と中飛車を両方指すというのは難しいのかも。感覚の違いも大きいし、序盤同じ出だしから分岐するので指す機会がパキッとなくなってしまうし。

というわけで、ちょこっと矢倉の世界へ寄り道してみたものの、先へ進むかどうか悩んでいます。

藤森流急戦矢倉 (マイナビ将棋BOOKS)

藤森流急戦矢倉 (マイナビ将棋BOOKS)

棋書ラーとして、矢倉は楽しそうな本がたくさんあるのが魅力。中川八段の本もそうですが、急戦矢倉の本はどうしてこんなに気合がこもっているんでしょうか。
自分の場合、矢倉は本を読んでるだけで楽しいのだけど、指して強くならないのが困ったところ。
プロの世界でも日進月歩で多様な作戦の入り交じる矢倉の世界、アマ級位者どうしでは余計に見慣れない局面ばかりになるので、時間を使わず手が見える必要があって自分に向いてなさそう。。

矢倉しばり

最近ぴよ将棋低レベルや将棋ウォーズ練習対局など、弱いコンピュータ相手に、とにかく相居飛車、先手なら3手目▲6八銀、後手なら2手目△8四歩となるべく矢倉にする将棋を指してます。
もう苦戦しまくり!対抗形なら楽勝なレベルの相手に酷い目にあわされてます。ストレスにならないように弱いレベルを相手にしているので最終的には終盤取り戻せるのですが、中盤には形勢を相当悪くして大変なことに。初心者の頃に矢倉を指してたときと比べて、大して進歩してないなあ自分、と思い知らされます。矢倉難しい〜。

本当に矢倉難しすぎて初心者にはオススメしないです。攻めに使う駒が多くなればなるだけ戦法は難しくなると思います。矢倉って飛角銀桂香全てを使って盤全体で攻め合う戦法だから難しくて当然。矢倉を指したいなら原始棒銀(飛車銀)→矢倉棒銀(飛車銀+角)→右四間(飛車銀桂+角)→スズメ刺し(飛車桂香+角)と順を追ってステップアップするのがいいのかも。

難しいなりに勝負にこだわらないところで矢倉を指してみるのは縦の将棋や接近戦が苦手なのを克服する訓練として有用な気がします。当然ながら、対抗形の居飛車側を持つには相居飛車の経験が役に立つと感じますし。(振り飛車に完封されて横の攻めが全くできないときに縦から攻めたりとか。)
なにより矢倉で勝つと、初心者の頃のちっとも勝てなくて強くならなくて(´・ω・`)しょんぼりしていたのが報われるような気がして嬉しさが格別なのです。

将棋教室の体験

sakusaku160307.hateblo.jp
体験教室には勧誘がつきもの
…らしいのですが、新宿将棋センターのレディースセミナーは体験教室のあと何事もなく終わります。「え?何もなし?続けたいけど、どうしたらいいの…?」と思うレベル。
きっと他の場所でも、将棋指しがやっている教室で、勧誘を熱心にやるところがあるとは思えません。

端攻めは必修

矢倉・角換わりの教科書 、序盤編・中盤編をだいたい読みました。(まだ△5三銀右急戦の正しい受け方と、終盤編の角換わり部分以外が残ってますが)
矢倉はスズメ刺しで端を狙うのが基本なのですね。
しかし自分は端攻めが苦手で相振りをやってたときも端攻めで成功したことがあまりありません。
今はときどき角換わり棒銀をやるわけですが、よくある端での銀香交換をしたことがありません。たいていの人が銀を引いて棒銀を受けるので、壁銀にさせておいてから受けに回って駒を入手し隙を突いて横から攻めるというのが勝ちパターン。縦の将棋が苦手なのもありますが、駒損して端を破っても逃げられるとリターンが少ないような気が、とか初心者の頃に香車で飛車を殺されたトラウマが、とか。思い切って端に殺到する勇気が起きないのです。中飛車/居飛穴メイン対抗形党は最も端攻め不要な戦法選択でもありますし。
でも居飛車を指すなら端攻めは必修のよう。

全戦型対応! 将棋・端の攻め方、受け方 (マイナビ将棋BOOKS)

全戦型対応! 将棋・端の攻め方、受け方 (マイナビ将棋BOOKS)

今月末に端攻めの本が出るので買っちゃいそう。(将棋・ひと目の端攻め (マイコミ将棋文庫SP) は読んでますが。)

矢倉・角換わりの教科書 の残りはとりあえずスキップして、読んだ部分を繰り返して並べようかと思います。
(この本は序盤・中盤・終盤でバラバラに分かれているのが読みづらいので、終盤編の代わりに 光速の寄せ〈3〉矢倉くずし初級編 (Super series special (Volume 3))、△5三銀右急戦のところは代わりに 藤森流急戦矢倉 (マイナビ将棋BOOKS) を読む計画です。)
急戦でない矢倉を指そうと思ったら全ての急戦に対応した上で数多い戦法バリエーションを学ばないといけなくて大変すぎるので、矢倉を指すなら急戦矢倉しかないと思います。
でも急戦をやるとすぐ力戦になって「ああ、飛車を振ってゆっくり囲って見慣れた感じで戦いたい。振り飛車が指したいなあ」と思ったりするんですよね〜。やはり2手目△8四歩よりは△3四歩で、石田流対策を頑張った方が横の将棋党には向いてる気が。でもせっかくなのでもうしばらく居飛車頑張ってみます。